おもちゃのガチャガチャのカプセルトイ

ガチャガチャは、元々アメリカで作られたものでした。それが、1965年に日本の台東区に初めて登場したと言われています。当時は、現代のようなおもちゃでは無く、お菓子などを中心に販売されていました。一回10円で行う事が出来たこともあり、子供向けの機会として大変人気となっておりました。

そもそも、ガチャガチャとは機会の正式名所ではありません。正式名称は、カプセルトイと言います。しかし、商品を購入する際に100円を入れてレバーを回します。この動作の際に「ガチャガチャ」と鳴る音が呼び名として定着してしまったのです。販売会社によって多少呼び名の違いはあるものの、多くの方に親しまれた呼び名です。

昔は、子供向けに作られていたガチャガチャですが最近では、大人向けの商品も多く作られています。可愛いインテリアのようなものから、実用的な物。シュールな世界観を表したものなど、その種類は多岐にわたっています。中にはシリーズ化されているものもあり、思わず全種類集めたくなってしまいます。

参考資料|大人向けのガチャガチャを取扱っている専門業者「あミューズ」
ガチャガチャの中身だけでなく空カプセルやマシンの取扱いもあります。

また、ガチャガチャは購入するものを選ぶ事が出来ません。その為、何が出てくるかわからないドキドキ感を味わう事が出来るのです。その高揚感は、まるでギャンブルの様でもあり多くの方を魅了する事となっています。

今や、ガチャガチャは大人から子供までが楽しむ事が出来る共通のアイテムとなっています。最近全くやっていない方は、この機会にレバーを回してみてはいかがでしょうか?懐かしいドキドキ感と開けた時のワクワク感ではまってしまう事間違いなしです。